フォトリーディングの5STEP

フォトリーディングの5つのSTEPについて紹介しましょう。
-[STEP1]準備
-[STEP2]予習
-[STEP3]フォトリーディング
-[STEP4]復習
-[STEP5]活性化

2542767294_1f36d5122b

-[STEP1]準備
あなたがその本を手に取った目的はなんでしょう?
1,000円で買った本にも、図書館で借りた本にも、
あなたのなかに、その本から○○な情報が欲しいという想いがあると思います。

まずは、その想いを明確にします。
その本を読んだ先にあなたが欲しいもの、創りたい世界なんかもあるかもしれませんね。

つまり、

その本を読む目的を決める作業をするのです。

所要時間、なんとっ!たったの1分です。

この作業が、個別指導の○○のCMでも言っている
あなたの本を読む「やる気スイッチ」になるのかも。

まず、あなたが手にした本を読む目的を明確にしましょう。

そして、本を読むことは、あなたの大切な時間を使うこと、
それはあなたの人生そのものでもあります。

この本をあなたの人生のどのくらいの時間をかけて読みたいか…それも考えてみてください。

-[STEP2]予習
本の全体像を見渡します。
これも所要時間は、1~3分くらいです。

本の表紙、目次、まえがき、著者のプロフィールなどを読み、
この本は、どんな本だろう?
どんなことが書いてあるんだろう?
著者ってどんな人だろ?
と本の全体像を把握します。

特に目次は重要です。
著者が、本を通じて伝えたい事がまとまっている場所です。
そして、本の構造も感じ取ることができるのではないでしょうか?

そして、ここで1つ考えてください。

あなたの目的を見返し、
この本は読む価値があるでしょうか?

-[STEP3]フォトリーディング
フォトリーディングの正式名称は、
実は、フォトリーディングホールマインドシステムといいます。

そして、3つ目のSTEPがフォトリーディングなんです。

では、フォトリーディングとは…。

準備で行う、ミカン集中法で、リラックスした状態を作り
1ページ1秒というペースでページをめくっていきます。

リズム良くページをめくることがポイントです。

早いと思うかもしれません。

この時は、文字をしっかり読むのではなく
目をフォトフォーカス状態にし、ページをめくっていきます。

フォトフォーカスは、講座でしっかりお伝えしますが、
本の四隅を見るようなぼーっとしか見えない状態でめくれば大丈夫です。

自分自身が読んだ感覚がなくても、あなたの目から入った情報は、
脳の潜在意識には送り込まれているのです。

信じてやってみましょう。

-[STEP4]復習
STEP3であなたの脳に情報を取り入れたので、
それを取り出すための作業の一歩です。

本の中からあなたの目に飛び込んできたキーワードを拾っていきます。

広い方は、20ページ毎(ざっくりでOK)にページをめくり
目に飛び込んできたキーワードを拾っていきます。
ノートなどに書きこむといいでしょう。

10~20個キーワードを拾うといいですね。

この時に、このワードは、自分の目的に関係ないとか思わず、
目についたワードを拾うことがポイントです。

そして、拾ったワードを元に
もし、ここに著者がいたら…という視点で質問をつくります。

ちょっとだけ考えてもらいたいんです。

STEP3の作業まで終わり、ふっと著者があなたの目の前に現れたら、
あなたは、そのまま本を読むことを続けますか?

きっと、質問をすると思うんです。
STEP1の目的を達成するための質問を…。

-[STEP5]活性化
復習で質問が作られたということは、
活性化は答え探しの工程になります。

質問があると、答えを知りたくなるでしょ。

しかし、フォトリーディングホールマインドシステムでは、
すぐに答え探しをしません。
一度、本から離れ、休息を取ります。

私たちは、これを生産的休息と呼んでいます。

ちょっとコーヒー休憩をとったり、
一晩眠ってもいいでしょう。

さぁ答え探しです!

答え探しの手法は、

「スーパーリーディング」
「ディッピング」
「スキタリング」
「高速リーディング」

とあります。これらの手法は講座で詳しくご説明しますね。

まだ、フォトリーディングを学んでないあなたは、
目次から、答えがありそうな章を読むなどして、
答え探しをしてみてください。

全部読むのではなく、答えが見つかったら、
また、目次に戻り、次の質問の答えがありそうなところを読む
という作業を繰り返します。

答えが見つかったとき、活性化にかかった時間を確認してみてください。

きっと、今までの読書より、かなりのスピードであなたの目的が達成されているはずです。

もう一度言います。
質問があると答えを探したくなるでしょ…

脳は空白を嫌うと言われています。

子供の頃に新しい遊びや宝探し、かくれんぼにワクワクしたように、
この答えが見つかったらうれしいなぁ~とワクワクした気持ちで、
本をめくってみてください。
今までの読書と違う世界を感じられると思います。

1920200_627463350635786_1541661127_n

フォトリーディング集中講座お申込み
フォトリーディング再受講お申込み
フォトリーディングホームスタディ講座