BLOG

2016年3月、新宿駅に
日本最大のバスターミナル
「バスタ新宿」が誕生。

 

新宿駅は、1日364万人をさばき、
西新宿、新宿三丁目、
新宿御苑、新宿西口など
新宿と名のつく駅が
新宿界隈に10もあるそうです。

この364万人という数字は、
ドイツの首都ベルリンの人口に
匹敵するそうで、
新宿駅の乗降客数は
ギネス世界一。

さらに、
JR新宿駅を中心に
新宿三丁目や都庁方面に
地下通路があり
主要な場所へは、
天候に左右されることなく
移動ができます。

そこに、
長距離バスの発着が
一か所に集約
とても利便性の
良い駅になりました…?

???

???

???

ほんとにっ?

この本を見つけました。

そんな新宿駅を
世界一の迷宮(ダンジョン)と称し
新宿駅のなぞを解いています。

 

私は人生の三分の二を
小田急線沿線に住んでいるので、
小田急線新宿駅が都会への
玄関口でもあります。

子どものころから親につれられ、
池袋や中野へ病院や買い物に
来ていたこともあり
馴染みのある駅。

現在も
神奈川県の
小田急線沿線に住んでいるので、
新宿駅を利用する機会が多く
新宿の地下通路も、
新宿からの乗換線により
新宿と名のつく駅を
行き先に合わせて
使い分けています。
最近では、
ヒルトンホテルに行く
機会が多かったので
あぁ~ここも地下で
つながっていたのかとか
西新宿方面も詳しくなりました~。

一番、便利につかっている駅デス!

しかし!!!
この本によると

新宿は複数の電車路線と駅があり
地下通路があり
JR新宿駅から都庁方面
三丁目や
御苑方面、歌舞伎町など
この全体図を示す地図が
なかったそうなのです。

馴染みの無い人が入り込むと
巨大なダンジョン…
つまり、地下牢のような
迷宮なんだそうです。

確かに、新宿駅付近の
会議室を使って
セミナーを開催すると
迷われる人が多い…

この本の著者
建築家の田村圭介准教授と、
ゲームクリエイターの上原大介氏が
その新宿駅のなぞを
ロールプレイングゲームをするように
紐解いていくのです。

実におもしろいっ!

taaa27

私は、新宿駅では迷いませんが、
名古屋の地下通路や
梅田駅で良く迷います。
私にとっての
2大ダンジョンでもあります(笑)

利便性を追求し、
駅の改良工事をしたりしますが、
すべての人が便利と感じる
カタチはないんだろうな…と。

便利という定義も
人それぞれ…

新宿で暮らす人
毎日、通勤通学でを利用する人
時々、遊びにくる人
観光に来る人

それぞれ利用する
目的が違うのですから
それぞれの便利な形がある。

新宿駅は誰のために在るのだ~???

…この問いは、
規模が大きいですが、

これって
乗降客が増え続ける駅だけじゃなく
すべてのお仕事において
永遠の悩みかもしれませんね。

私たちの働くということも
取り巻く環境の変化に合わせて
変わることを受け入れていく
必要があるのかなって思います。

大切なお客様がダンジョンと
感じないように…w

 

 

 

 

 

Comments

comments

コメントは利用できません。