BLOG

手にしたこの本からを読んで感じたこと…

会社員時代、
フォーカスされる女性は、
順風満帆に出世をした人たち…。

優秀で子育てをしながら
管理職まになった人

アシスタントから
エンジニアなど専門職に
転身した人

多様性の時代だということで
立ち上がった
ダイバシティプロジェクトも
そんな女性が集められ
正直、全然多様性じゃないじゃん…と感じたなと。

メディアでも
そういった大活躍する女性に
フォーカスをあて
女性だからこそ
上を目指さなければならない…なんて
無意識に植え付けられてしまったような
そんな気がするのです。

比べるのは自分とそのスゴイ人たち。

もしかしたら
自分を見失っていたのかも…なんてね。

そんな風に他者と比べたって
一足飛びに、スゴイ人にはなれないし、
本当にそうなりたいのか
自分自身がその未来にコミットしなければ
どんなに時間をかけたって
なれやしない…

けど、それに気づかず、
なれない自分に焦りを感じていたりとか。

そんな時の自分は、
いったいに何を守っていたのだろうか?

他者からの評価とか
会社での位置づけだったような…。

けど、何かもっと
守らなければいけないものってあるんだなと…

大切なのは、毎日毎日、
自分自身を生きるために
どう働くかだけかなと…。

 

 

リーディングファシリテーター養成講座

Comments

comments

コメントは利用できません。