BLOG

先日、大阪への移動の新幹線での出来事。

2時間以上ある移動時間。
読書でもしようと
本を3冊ほど、鞄に入れ乗車。

すると隣の席に
73歳の白髪の男性がいらっしゃいました。

行き先は同じ”新大阪”で、
たわいもない会話がはじまり…

 

 

その方は、
鉄道系の信号を管理する
お仕事をしているそうで
73歳の今でも保守系の
関連会社に出向となり
バリバリお仕事をされているらしい。

鉄道保守の実務をされている方の
業務時間は
終電から始発までの間だそうです。

新幹線も含めて
電車って動いて当たり前。

止まるとしたら、
事故や悪天候によるもの…
なんてイメージがありますが、

当たり前のように動いている電車の裏側に
鉄道の信号を管理する
こういう仕事があるんですよね。

 

…そう、私たちの日常にある
当たり前を支えてくれる仕事っていっぱいある。

そして、
新しい当たり前を生み出したら
それを支える仕事は新しく生まれる。

『こんなことがあったらいいな』

という想いが1つでもあったら
新しい働き方は
きっと、生み出すことができるんだと思う。

 

大阪まで読もうと思っていた
3冊の読書はオアズケになりましたが、
本を読む以上の気づきがある
73歳のおじいさんとのおしゃべりでした。

ううん、73年という人生を生きてきた
この方の成功体験というリアルな書籍を
読ませてもらったのかもしれません。

 

日常の中に
たくさんのヒントがあります。

それを拾い出す力を得てみませんか?

 

Comments

comments

コメントは利用できません。