BLOG

本を読むことで
良くいただくご相談は…

『本は好きなんだけど
なかなか読む時間がないんです…』

というもの。

本を読む、時間管理や
時間確保に問題意識を
持っていたりしませんか?

では、時間そのものを
ちょっとだけ考えてみましょう。

よく時間とは、
1日24時間平等に与えられている
なんて言いますが、

ある時間管理団体の調査で、
ビジネスパーソンに時間を
どの様に定義するかと尋ねたところ、

『時間とは、自分で創りだすもの』

『熱中していると早く過ぎるもの』

『大切にしたいもの(無駄にできないもの)』

という回答がトップ3だったそうです。

特に、
『時間とは、自分で創りだすもの』

は、、回答の4割をしめていたそうで、

おそらく自分のやりたいことを
実行するためには、
時間を確保しなければならないと
考えている人が多い
ということがわかります。

 

 

そして、
アインシュタインが
こんなことを言っています。

時間とは、
時間を計る尺度となっている
一連の出来事から、
離れて存在するものではない。

Einstein01

つまり…
時間とは出来事を管理する
ということになります。

本を読む時間というよりも
本を読む行動を管理することが
ポイントになるような気がしますね。

私は、読みたい本があるとき

一番最初に考えるのは、

この本を読む目的はなんだろう?

そして、この本は、私の人生の
どのくらいの時間を
かける価値があるかしら。

と考えます。

読む前に
読書の期限をきめるのです。

そして、目的は、
読書をするという行動の
エンジンになります。

ちょっとやってみて欲しいなと思います。

あなたの利用可能な時間で、
あなたの目的を達成する読書法を
身に着けてみませんか?

本を読むのが早くなるだけでなく、
あなたの人生が10倍加速します

 

 

Comments

comments

コメントは利用できません。